よくあるご質問

前田鍼灸療院

03-3754-3368

〒146-0082 東京都大田区池上1-31-1

[ 受付時間 ] 10:00〜19:00 [ 定休日 ] 水曜日(日・祝日は要予約)

lv

よくあるご質問

よくあるご質問

鍼について

Q

鍼は痛いですか?

A

鍼は注射よりも、ず〜っと痛くありません。
なぜなら、鍼は注射針より遥かに細いからです。

注射針の中心には孔があります。鍼に孔はありません。尖っているだけです。
ですので、刺すときの「チクっ」とした感覚は、ほとんど気にならないはずなのです。

しかし、鍼は筋肉や神経に届くと「ズ〜ン」とひびきます。
鍼を好きになる人は、最初の『チクっ」ではなく、後から来る「ズ〜ン」という「ひびき」が好きなのです。
患部に鍼のひびきが走ると「あぁ、そこです!そこが痛いんです!」とおっしゃる方は、きっと鍼が大好きな方です。

Q

鍼は衛生的ですか?消毒をしていますか?

A

当院ではディスポーザブル(使い捨て)の鍼を使用しており、鍼を打つ前は必ず皮膚面をアルコール消毒しています。
また、施術者の手指消毒も、徹底して行っております。
また安全性において、最も信頼性の高いセイリン社の鍼を使用しています。

Q

美容鍼をやっていますか?その効果は持続しますか?

A

当院では、顔面だけに数十本もの刺鍼をする美容鍼は行っておりません。
また、その効果は一時的なものと捉えています。

代替として、全身のコンディションを整える治療を、お客様に提案しております。
全身的な健康無くして、血色の良い、「むくみ」や「くすみ」がない、美しいお顔は実現しないと考えるからです。

顔面神経麻痺により、顔の表情に歪みがある場合は、鍼通電にによる治療を行っています。

Q

腰痛は完治しますか?

A

急性腰痛(ぎっくり腰)は、ほとんどの場合、時間が経てば治ります。
鍼灸治療は、その回復を早め、急性腰痛の激しい痛みを軽減することができます。
慢性腰痛については、施術後スッキリ楽になりますが、同じ痛みや重だるさが戻ってくることが多いです。
慢性的に腰痛があると、動きは緩慢になるし、痛い姿勢を避けることから、背中や肩など、他の部位ににまで痛みやコリが波及してきます。
当院では、腰痛でいらした患者様の、腰以外の部位のコリや不快感も取り除くように務めています。
当院は、蓄積した痛みやコリや不快感をスッキリ取り除き、痛くなる部位を最小限に留めておくことが重要と考えています。

灸について

Q

お灸は熱いですか?

A

お灸が未経験の多くの方は、火傷し痕が残るほどお灸は熱いもの、我慢するものとお考えのようですね。
その昔、わざとヤケドをさせ膿を出させて、免疫力を高める効果を狙ったお灸がポピュラーだった時代がありました。
そのイメージが、皆さんの脳裏によほど強烈に残っているのですね。

現在においても、お灸はその温熱がその治療効果を顕すものです。
皮膚面で直接モグサを燃やすタイプのお灸(透熱灸)は、一瞬だけ「チリリ」と熱いです。

当院で、よく使っているショウガのお灸は、「あったかい」が「熱い」に変わる手前で、灸を取り除いています。
こちらは「熱くない」お灸です。

Q

お灸は痕が残りますか?

A

火傷しないように、お灸の熱をコントロールするのがきゅう師の技術です。
基本的には、痕は残りません。

しかし稀に低温火傷になるケースがあります。
背中などにお灸をして、過誤により熱傷ができた場合、すぐさま患者様にその旨をお伝えします。
その後の対処についても、その場でお教えします。

治療について

Q

施術の時間はどのくらいですか?

A

全身治療の所要時間は、1時間〜1時間半です。
初診時のカウンセリングやお着替えの時間を含めると、更に20分ほど掛かります。

お時間に制限がある方は、事前にお申し出ください。
時間内に治療をまとめるよう、調整いたします。

 

Q

どのくらいの頻度で治療を受けたら良いですか?

A

患者様の必要に応じて、回数は決まると考えます。
症状が慢性のものならば、毎週来ていただいてもオーバー・ドーズにはなりません。

隔週でお越しいただければ、症状が悪化せずに上手くコントロールできるのではないでしょうか。

もちろん、月一ペースで、痛いところを数カ所溜めて来ていただいても構いません!

Q

治療を受けるとき、服装はどうすればいいですか?

A

当院では、男女とも、施術着の上下をお貸ししております。
施術着は、毎回お洗濯して、清潔なものをご着用いただいております。

施術部位にもよりますが、患者着の下は男性はパンツのみ。
女性は、パンツとブラジャー着用をお願いしております。

鍼灸治療は、背中が治療点になるケースが多いのです。
後が大きく開く患者着を使用しているのは、そのためです。

Q

治療後、入浴はできますか?

A

鍼治療の場合、傷口は残りませんので、入浴は差し支えありません。

しかしながら鍼やお灸の後は、体がぽかぽかと温まっている事が多く、お酒が回りやすいというご意見も多く耳にします。
そのような状態で、長湯に浸かれば、のぼせやすいのはお分かりの通りです。

体が温まっていて、寒くない時期であれば、シャワーだけで済ませることをおすすめいたします。

予約について

Q

子供を連れて行っても大丈夫ですか?

A

お子様を連れて来ていただくのは、一向に構いません。
キッズルームの用意はございませんが、施術中、目の届くところにお子様に居ていただくことは可能です。

Q

完全予約制ですか?

A

当院では、ご予約の患者様を優先しております。
ご予約なしでお越しいただいても、空いていればすぐに治療を開始致します。
もし、他の患者様を治療中の場合は、順番をお待ちいただくことをご容赦ください。
ゆったりしたソファとカフェスペースがございますので、お時間に余裕があれば、順番までごゆるりとお待ちください。

Q

指名は可能ですか?

A

当院では、同じ担当者が連続して施術を行うことを基本にしております。
ただし、希望があれば、担当者の変更は可能です。

また女性の患者様で、女性の施術者を希望する場合は、女性施術者がいる曜日、時間帯にご予約を承っております。

お問い合わせはコチラ

〒146-0082 東京都大田区池上1-31-1
[ 受付時間 ] 10:00〜19:00
[ 定休日 ] 水曜日(日曜・祝日は予約要)

img_cb

TOP